⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーーーーーーーーーーン

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女と悲しい別れ方をした



1  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/03/31(金) 11:30:34.17 ID:CCCwe2Mg0
元カノはツンデレで素直でクールでボーイッシュ。


4
 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2006/03/31(金) 11:32:35.01 ID:CCCwe2Mg0
彼女と初めて会ったのは三年前の春
俺が高校一年生のときだ。

続きあるよ!!(`・ω・´)
 


じいちゃん



155 名前 おさかなくわえた名無しさん : 投稿日:2005/08/22(月) 21:36:29 ID:YDHlJywm

じいちゃんが死ぬ間際、病室に俺だけが呼ばれて
「正行・・・お前はワシの孫やない、息子や」って。
「これはワシとお前の母さんだけの秘密や・・・
だけんど、財産は正一(俺の親父)とわけぇ」だと。
呆然とした。2日後、じいちゃんは大往生。
このことは俺の中にしまっておこうと決心した。


しかし葬儀の最中、じいちゃんが残した遺言の存在が発覚。
親父が親戚一同の前で読み出した。マズイと思ったが
しかし財産分与のくだりに俺のことは出てこなかった。
俺の一存に任せるってことなのか・・・と思っていると
最後に「正行へ・・・」と、俺への私信があった。


ここで暴露するのか?と思っていると、こう続いた。
「ありゃ全部嘘じゃ。ビックリしたろ?はっはっは」
俺以外はなんのことか解らず、ポカンとしていたが
俺はじいちゃんが死んで、初めて泣いた。


名言を一言書いてけ



3 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/04/02(日) 16:13:53.58 ID:8XT/uXRo0
両親に感謝している


6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/04/02(日) 16:16:45.11 ID:WEcAtUpd0
人は行動した後悔より行動しない後悔の方が残る



9 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/04/02(日) 16:19:08.35 ID:LeG6/9Db0
ロジックじゃないものね、男と女は




続きあるよ!!(`・ω・´)
 


彼女と悲しい別れ方をした(まとめ)



元カノはツンデレで素直でクールでボーイッシュ。

彼女と初めて会ったのは三年前の春
俺が高校一年生のときだ。


続きあるよ!!(`・ω・´)
 


    着    信   ナ    シ



1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/03/28(火) 12:38:05.05 ID:TtTc31JY0
orz


2 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/03/28(火) 12:38:18.49 ID:JU2xVqWn0
アフリカではよくあること


4 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/03/28(火) 12:38:37.69 ID:YpwJYVL20
なんだろう、この寂しい感じは・・・

6 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/03/28(火) 12:39:46.78 ID:RB4kVlMoO
そ の 孤 独 感 で 死 ぬ


7
名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/03/28(火) 12:40:39.57 ID:mICJWH8u0
    着    信   拒    否


17 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2006/03/28(火) 12:46:55.54 ID:NamvsFpZO
う…うわぁぁぁぁぁぁぁぁ 



         着信ナシ




ヌクモリティスレッド



1 名前: ‮⊂二)^ω^ (二二二⊃ ‫名無し 投稿日: 2006/03/26(日) 19:35:34.34 ID:BddPEFEf0
なんつーか、大事な人が死んだ。
がっくりした。
後を追おうなんて事は思わなかったが、呆然としてしばらく過ごした。
何ヶ月かした頃から、周りの連中が「奴の夢を見た」と言い始めた。
皆、内容はそれぞれ違うけど幸せそうな夢。
「ほっとした」「あいつ、上手くやってそうだな」とか言ってた。
俺の夢にだけ、そいつは現れなかった。
最近ではそいつをネタにして、他の奴等と冗談が言い合えるようになった。
結局そいつが俺の夢に現れなかったので
「お前、実は嫌われてたんだんじゃねーの?」
「違うよ、あいつが死んでせいせいしてるのは、俺だ!」とか。
ひどい会話に思われるかもしれないけどさ。
なんて言うか、まだ心の中で生きてるから言える、って感じ。
でもつい先日、やっと奴が俺の夢に現れた。
夢の中で、俺と奴が二人きり。
ああ、やっと出てきてくれた!って、すごい懐かしいのに
奴はすごく不機嫌そうな顔したままで、怖くて話しかけられない。
「うわぁ~、なんでそんなに怒ってんだよぉ」と思いながら
結局何も言葉を交わさず、目が覚めた。
他の連中に「あいつはなんなんだ!」と怒りながら話すと
「それは・・・奴なりの配慮だろ」という答えが返ってきた。
その時初めて知ったんだが、他の連中は奴が死んだ時
俺が後を追うのではないかと気が気でなかったそうだ。
「一ヶ月や二ヶ月で夢に出ていったら、きっとお前がついて来ちまうと思ったんだよ。
優しく話しかけられでもしたら、お前、また思い出すんじゃね?」
たかが夢なんだけどさ。
あ~あ、なんだよ。
死んでまで俺の心配するなよなぁ。
もう大丈夫だよ、安心しろよ。今度は話させてくれよな。

続きあるよ!!(`・ω・´)
 


  •  | とっぷへもどる | 

    とけい




    おしらせ


    地味に再開します


    さんざん既出なネタも使っていくので
    そこんとこよろしく



         

    あーかいぶ

    かてごりー


    すれっど




    まとめさいと


    QRこーど

    QRコード

    あくせすらんきんぐ


      ブログパーツ

    せんでん

      ブログランキング ブログ王
      ブログランキング・にほんブログ村へ バナー

      FC2Ad

    たわごと

          

      ○要望・不満などありましたら
        
      ここまでご連絡下さい

      ○ただいま相互リンクを
         
      募集しております、
         
      もしよろしければ ご協力下さい

      ◎文系にはHTMLでさえ難しいよウワーン


         
         
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。